予備校の選び方のポイント|医学部に合格するには評判のいい予備校に通うのが鉄則

医学部に合格するには評判のいい予備校に通うのが鉄則

女性

予備校の選び方のポイント

男女

立地環境で選ぶ

関西圏で医学部予備校を探すならば、大阪が一番充実しているのでおすすめです。関東の医学部予備校の激戦区が東京に対して、関西の激戦区は大阪であり予備校によって様々な特色を打ち出して受験生を呼び込んでいます。たくさん医学部予備校があるとどこの学校が良いのか迷ってしまいますが、立地環境で選ぶのも一つの方法でしょう。駅近など交通アクセスが良い場所に学校があると通学に便利だし、勉強する時間の節約にもなります。また医学部予備校での勉強は夜遅くまで及ぶこともあり、遠方から通っている女子学生などは、人通りが多い場所に学校があると安心して帰宅することができます。また医学部予備校の近くにコンビニがあると、食事やちょっとした買い物に利用できるので大変便利です。

国立私立で選び方が異なる

関西最大の都市である大阪には医学部予備校が集まっていて、大阪だけでなく周辺の和歌山や奈良などから通学する受験生も少なくありません。また大阪に最適な学習環境を求めて、遠方から入寮して来る受験生も多いです。希望する医学部が国立か私立によって、選ぶ予備校も変わってきます。特に国立の医学部を受験する場合は、センター試験を受ける必要があるので、センター試験に力を入れた学習指導を行っている医学部予備校がいいでしょう。一方私立の医学部を希望する場合は、大学別の受験対策に重きを置いている医学部予備校を選ぶと良いです。これらの情報は資料請求することである程度分かりますが、実際に体験授業に参加すると予備校の特徴を肌で感じることができるのでおすすめです。